検査は異常なし。我流で口内環境を改善!

29cb870107ddac2a4f7713426f8326dd_s49歳、男性です。

仕事で展示会に出展した時に、自社の製品の特徴などをブースに訪れたお客様に説明をしていたところ、話を聞き終わったお客様が、僕の耳元で“ちょっと息が臭いかもよ”とだけ言ってお帰りになりました
正直にショックでした、以前の職場の上司が口臭のある人だったので、こうならないようにしないとと思ってケアしていたのですが、自分で気づかない事なので、なおさら指摘された時のショックは大きかったですね

検査は異常なし、我流で対策して改善!

その時は、すぐに口を濯ぐ等行いましたが、ほかの人に聞いてみると前から匂っていたけど、言えなかったとの事・・・ 
迷惑をかけていた恥ずかしさと、自分で気がつかなかった恥ずかしさで死にそうなくらいにショックでした。

口臭について調べてみると、口内が原因のものと体内に原因があるものがあるとわかり、歯医者へ行きました、歯周病や歯槽膿漏の検査もおこなったのですが、どちらも異常なしでした。
そして内臓についても検査してもらったのですが、こちらについても異常なしとの事、となると口内環境の悪化が原因だと考え、それらの対策をうつことにしました。

 

僕らの年代になると、唾液の分泌量が減り口内が乾いて菌が繁殖しやすくなるとの事、そして僕の場合は寝てるときに口を開けてしまう様で、夜間にも菌が繁殖してしまうのではと考えました。
菌が原因であるとしたなら、殺菌とそれを維持できる口内環境の維持が必要になります。

まずはじめたのは、3度の食事後に必ず歯を磨く事、食べかすが菌を繁殖させる事につながりますから、しっかりと磨く事にしました。
また歯ブラシ以外にデンタルフロスも使うこととし、更に加えて洗口液による洗浄を行う様にしました。

 

これらを行う事によって、口内環境が改善されたのか、以前ほど臭いがきつくならなくなった様です。
加えて行ったのが、こまめに水分補給をする事と、人にあう時にはガムを噛んだりやタブレットを口に含ませておくようにしました。

これらの対策をしたお陰もあって、人前で話すことに躊躇していたのが、積極的に話が出来る様になりました。
でも、これらの効果を維持していけるように外出時にも、歯磨きセットと洗口液とガム。タブレットの持参は欠かせなくなってしまいました。

 

僕の場合は、我流で対策をしてきましたが、やはり病院等できちんと診察をしてもらい、適切な処置をしていく事が大切だと思います。
特に体の中に臭いの元があるとしたら大事に至る事もあるかもしれません。


PAGE TOP